β-クリプトキサンチン多いの温州みかんだけ?ランキング他の品種のみかんは?

骨粗鬆症や糖尿病リスク下げるなど様々な健康効果の期待できるβ-クリプトキサンチンですが、

含有量は温州みかんに多いというのは有名になってきましたが、

果たして他のみかんの含有量はどうなのか気になったので調べてみました。

参考 日本食品標準成分表第7訂、果物情報サイト果物ナビ

可食部100g当たりのβ-クリプトキサンチン量

 

順位  果物名 含量(μg)
1位 温州みかん(早生) 2000
2位 温州みかん(普通) 1800
3位 せとか 1400
4位 タンゼロ 1300
5位 はるみ 1100
6位 ぽんかん 1000
7位 パパイア(完熟) 820
8位 きよみ 690
9位 しらぬひ 630
10位 びわ 600
11位 甘柿 500
12位 渋抜き柿 380
13位 いよかん 270
14位 ネーブルオレンジ 210
15位 きんかん 200

他にもはっさくが170μg、なつみかんが120μg

やはり温州みかんがダントツでβ-クリプトキサンチンは量が多いですね😊

夏が旬の夏みかんに比べると冬が旬の温州みかんは10倍もβ-クリプトキサンチンは多いんですね😊

β-クリプトキサンチンの1日の目安量は3000μgなので、

温州みかんなら1日150g、3〜4個でとれます。

柿やびわにもまあまあ入っているので、みかんで飽きたら組み合わせてもよいですね。

みかんの選び方や健康効果、レシピなど詳しくは

https://action-for-better-life.com/mikan-erabu-kouka-recipe/

 

 

栄養

Posted by まめきち